青色申告を利用しようと決意したものの…

「私の場合、どの書類が必要なの?」

「必要な書類の書き方が分からない。」

と、気持ちが折れてしまいそうなあなた。

ぜひ当記事を読み進めながら、必要な書類を作成してみませんか。

今回は基本的に提出する「所得税青色申告決算書」「申告書B」に焦点を当て、下記の順で説明していきます。

  1. ページ:ケース別!青色申告の提出書類
  2. ページ:「所得税青色申告決算書(損益計算書)」の書き方
  3. ページ:「所得税青色申告決算書(貸借対照表)」の書き方
  4. ページ:「申告書B」(第一表)の書き方
  5. ページ:「申告書B」(第二表)の書き方
  6. ページ:【どうすればいい?】ちょっとした疑問3点

ちなみに白色申告の方が作成する「申告書B」も書き方(4、5ページ)は同じです。

1ヵ所ごと丁寧に書き方を示していくので、その通りに記入してみてくださいね。

【!】青色申告の概要

早速、あなたが必要な書類を確認!

ケース別!青色申告の提出書類

青色申告で確定申告する場合、大まかに下記3ケースに分類されます。

  1. 10万円控除を利用する
  2. 65万円控除を利用する
  3. 赤字も確定申告する

それぞれ必要な書類が異なるので、あなたの会社に適した書類を作成しましょう。

書類名をクリックすると、その書類の書き方を確認できます。

「所得税青色申告決算書」から「申告書B」に写す項目もあるので、「所得税青色申告決算書」から作成しておくと便利です。

ケース①:10万円控除を利用する

青色申告特別控除10万円を利用する場合、以下2点の書類を準備します。

ケース②:65万円控除を利用する

青色申告特別控除65万円を利用する場合、以下3点の書類が必要です。

ケース③:赤字を確定申告する

青色申告では赤字を最長3年間繰り越せるので、赤字も確定申告しますが、以下4点の書類を準備します。

よし、必要な書類を作成してみよう!

0円で会社設立⁉ ご相談は“話しやすさNo.1”のスタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人へ!
スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人なら、会社設立費用が0円
しかも最短1日で設立することも可能です。

さらに融資も最大2000万円獲得できるケースもあります。

「何から始めればいいのかわからない!」
「資金調達や助成金の申請に手こずっている…」

そんなときは、"話しやすさNo.1"のスタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人までご相談ください!

 "実績多数"のスペシャリストが、税務・労務に関するお問い合わせを幅広く受付中です。

Zoomを利用すれば全国対応も可能なので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

あなたからのご連絡、お待ちしています!
0円で会社設立⁉ ご相談は“話しやすさNo.1”のスタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人へ!

スタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人なら、会社設立費用が0円

しかも最短1日で設立することも可能です。

さらに融資も最大2000万円獲得できるケースもあります。

「何から始めればいいのかわからない!」

「資金調達や助成金の申請に手こずっている…」

そんなときは、"話しやすさNo.1"のスタートアップ税理士法人/社会保険労務士法人までご相談ください!

 "実績多数"のスペシャリストが、税務・労務に関するお問い合わせを幅広く受付中です。

Zoomを利用すれば全国対応も可能なので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

あなたからのご連絡、お待ちしています!

おすすめの記事